トップ 耳鼻科・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




耳鼻科・口コミナビ耳鼻科について > スポーツと耳鼻科

スポーツと耳鼻科

スポーツと耳鼻科の画像

スポーツと耳鼻科というのはあまり関係ないように思われるかも知れませんが、非常に深い関係があります。
スポーツによる外傷によって、耳鼻科を来院される方が多くいらっしゃいます。
例えば耳にボールや器具が当たったことによる鼓膜損傷や、鼻を打ったことによる鼻中隔骨折などがあります。
耳に何かが当たった後に、常に耳垂れが出るという方も要注意です。

その他にも、スキューバダイビングなどにより気圧の変化で起こる気圧外傷などがあります。
このように耳鼻科とスポーツというのは切っても切れない深い関係があるのです。
アレルギー性鼻炎をお持ちの子供さんが水泳をされる時などにも、注意が必要です。
状態によっては水泳を禁止しなければならない場合もあるので、耳鼻科の先生に相談するようにしましょう。
水泳の前後に点媚薬を差したりといったようなことを行わなければならないこともあるからです。
それに滲出性中耳炎でチューブを入れている方などは、基本的にプール禁止となっていることが多いようです。
プールに入るとよく鼻が詰まったり、喉がからからになってしまうという方は一度耳鼻科を受診するほうがいいかもしれません。

耳鼻科に疾患を持っている方が何かスポーツを始める場合には、一度きちんと耳鼻科を受診しチェックして頂くということも大切です。
定期的に耳鼻科を受診し、状態を確認して頂くというのも良いかもしれません。
耳鼻科の疾患はそのままほおっておくことで、悪化してしまうことが多くあります。
早期に治療を開始しなければ、取り返しの付かないことにもなってしまいかねません。
何かあればすぐに耳鼻科を受診するようにしましょう。


スポンサードリンク

耳鼻科・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 小耳症

小耳症という病気は、その名の通り耳が小さいことによって様々障害が起こるという病気です。 小耳症は先天的な病気であり、生まれた時からというのが特徴です。 原因としては妊娠中に受けた外的な要因が原因とされていますが、遺伝的なものという証明がされていません。 6000人に1人という耳の奇形ですが、小耳症の弊害として難聴を併発することがあります。 耳がかなり小さいということで、周りの目が気になるということもあります。 特に子供時代などは、そういったことで悩まれる方も多いようです。

耳鼻科・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。