トップ 耳鼻科・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




耳鼻科・口コミナビ耳鼻科について > 子供に多い耳鼻疾患

子供に多い耳鼻疾患

子供に多い耳鼻疾患の画像

子供に多く見られる耳鼻疾患には、中耳炎・外耳炎・耳垢などが挙げられます。
まず耳垢に関してですが、新生児や乳幼児の場合にはそれほど頻繁に耳の中を掃除する必要はありません。
お風呂上りなどに耳の入り口付近を軽く掃除するだけで十分とされています。
丁寧に耳の中まで掃除をすると、耳垢を奥に押し込めてしまったり外耳を傷つけて出血させてしまうこともあるからです。

耳掃除は耳鼻科でも行っているので、定期的に検診も兼ねて診て頂くとよいでしょう。
外耳炎にかかると湿疹が出来たり、痒みを伴うことがあります。
そういった場合に、耳掃除などで細菌感染が起こると外耳炎をさらに悪化させてしまうことにもなります。
軽い外耳炎の場合には痒みだけですが、触らないことが大切です。
子供の場合は寝ている間に無意識に触ってしまうこともあるので、指先は清潔にしておくようにしましょう。

その他にも子供覆い耳鼻疾患として、中耳炎が挙げられます。
中耳炎も初期の段階であれば、気が付かないということが多いようです。
耳垂れが出てきて初めて気が付くという方も多くいらっしゃいます。
中耳炎というのは、そのままほおっておくとさらに悪化してしまい難聴などを引き起こすこともあります。
子供の中耳炎を見抜くには、日頃から子供をよく観察しておくということが大切です。
呼びかけに応じない・大きな音に反応しないなど、何か気になることがあればすぐに耳鼻科を受診するようにしましょう。

ちくのう症やアレルギー性鼻炎といった症状も増加しているようです。
子供の場合は自分で症状を訴えることが少ない為に、周りの観察が重要となってきます。
普段から耳鼻科を訪れ状態を把握して頂くということも大切なことです。


スポンサードリンク

耳鼻科・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 鼻血

鼻血が出ても大したことが無いと、甘く見ている方も多いのではないでしょうか。 鼻から血が出てくるということは、様々な原因が考えられます。 アレルギー性鼻炎などから、鼻血を引き起こすこともあります。 鼻をよくかむことによって、鼻の粘膜が傷つけられ鼻から血が出てくるのです。 鼻からの出血がなかなか止まりにくいという方は、他の病気も考えられるので早急に耳鼻科を受診するようにしましょう。 鼻血が出た場合の止血方法ですが、よくあるティッシュペーパーを詰めるという方法はよくありません。

耳鼻科・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。