トップ 耳鼻科・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




耳鼻科・口コミナビ耳鼻科の主な疾患 > 外耳炎

外耳炎

外耳炎の画像

外耳炎という病気は、耳の病気の中でも中耳炎とよく間違われる病気のひとつです。
外耳炎というのはその名の通り耳の内側ではなく、耳の外側に出ている部分から鼓膜までの間に起こる炎症を言います。
中耳炎だと思って病院に行ったら、外耳炎だったという話しはよく聞くものです。
外耳炎と中耳炎の違いというには、一体何なのでしょうか。

外耳炎の場合は中耳炎とは異なり、耳の外側にも痛みを生じます。
ですから、耳たぶを触って痛みがあるかどうかで判断するというのもひとつの方法です。
激しい耳の痛みや痒みが症状となって表れる外耳炎は、ほおっておくとどんどん症状が進行してしまいます。
細菌やウイルスが進入することによって起こる外耳炎は、通常の状態ではあまり発症することはありません。
ですが、細菌が進入した時に外耳道にキズが付いていたり、抵抗力が落ちているとすぐに外耳炎を発症してしまいます。

外耳炎は「スイマーズイヤー」とも呼ばれており、水泳の後などによく発症するとされています。
外耳炎や中耳炎が疑われる場合には、自己判断は禁物です。
膿や耳垂れなどが出る前に、きちんと耳鼻科を受診し適切な診療を受けるようにしましょう。

外耳炎や耳の病気などで気をつけなければならないことは、あまり耳掃除をしないということです。
これはとても重要なことで、過剰な耳掃除は耳の中にキズを作り外耳炎を悪化させてしまうことになります。
優しく適度な掃除を心掛けるようにしましょう。


スポンサードリンク

耳鼻科・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 鼻漏

鼻水というのは通常鼻の中にあったとしても、鼻の外にあふれ出ることはありません。 そんな鼻水が鼻の外にあふれ出てくる場合には、鼻水過多や鼻漏という疾患が考えられます。 喉の奥に鼻水が落ちてくるといったような場合も同じです。 鼻漏や鼻水過多の原因にも、様々な原因があります。 例えば風邪の引き始めの鼻水であれば、水溶性のさらっとした鼻水が多くなります。 慢性の鼻炎や副鼻腔炎の場合には、どろっとした膿のような鼻水が出ることがあります。 子供の場合で悪臭が混じるような場合には、長期に

耳鼻科・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。