トップ 耳鼻科・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




耳鼻科・口コミナビ耳鼻科の主な疾患 > 耳鳴り

耳鳴り

耳鳴りの画像

耳鳴りとは、実際には存在しない音が聞こえることを言います。
人によってそれぞれ聞こえる音は異なり、「ザー」であったり「ピー」などと聞こえるようです。

耳鳴りには、生理的な耳鳴りと病的な耳鳴りとがあります。
生理的な耳鳴りというのは、健康な方にも疲れた時などに起こる耳鳴りのことを言います。
疲れがたまった時などに、「キーン」と聞こえることは無いでしょうか。
それが、生理的な耳鳴りと呼ばれるものです。
病的な耳鳴りというのは難聴やめまいなどから発症し、24時間音が休まることはありません。

生理的な耳鳴りであれば特に心配することはなく、十分な休息を取るようにしましょう。
問題は病的な耳鳴りですが、これは耳が聞こえないということよりも辛いことのようです。
耳鳴りが起こる原因も人それぞれで、その人に合わせた治療が行われます。
精神的に落ち着かせるように神経を安定させる薬などが処方されることもあります。
その他にも「マスカー治療」と呼ばれる治療方法があります。
このマスカー治療というのは、耳鳴りに匹敵するほどの音を耳に聞かせることで、耳鳴りを抑ようとするものです。

耳鳴りに関しては、明確なこれといった治療法が無いというのが現実です。
ですが耳鳴りをそのままほおっておくと、難聴など耳が聞こえなくなっていく可能性もあるので早期の治療が必要となります。
耳鳴りが起こると耳の症状だけでなく、24時間続く音に悩まされることとなります。
精神的にも不安になったり、睡眠不足などその他の様々症状が引き起こされます。
早期に治療を開始するようにしましょう。


スポンサードリンク

耳鼻科・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 鼻漏

鼻水というのは通常鼻の中にあったとしても、鼻の外にあふれ出ることはありません。 そんな鼻水が鼻の外にあふれ出てくる場合には、鼻水過多や鼻漏という疾患が考えられます。 喉の奥に鼻水が落ちてくるといったような場合も同じです。 鼻漏や鼻水過多の原因にも、様々な原因があります。 例えば風邪の引き始めの鼻水であれば、水溶性のさらっとした鼻水が多くなります。 慢性の鼻炎や副鼻腔炎の場合には、どろっとした膿のような鼻水が出ることがあります。 子供の場合で悪臭が混じるような場合には、長期に

耳鼻科・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。