トップ 耳鼻科・口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




耳鼻科・口コミナビ耳鼻科の主な疾患 > 中耳炎

中耳炎

中耳炎の画像

中耳炎という言葉はよく耳にしますが、どういった病気か知らないという方も多いのではないでしょうか。
中耳炎という病気には、急性中耳炎と滲出性中耳炎の2種類があります。
ほとんどが慢性ですが、急性の場合もあるので注意が必要です。
耳というのは、大きく分けて外耳・中耳・内耳の3つの部分に分けられます。

このうち、鼓膜の奥にある空洞になっている部分を中耳といいます。
中耳炎は、ここに炎症が生じることによって起こる病気です。
急性中耳炎は、子供の感染症の中で最も多いものの一つとされています。
特に乳幼児の場合では、感染に対する抵抗力が弱く耳管が十分に発達していません。
ですから、ウィルスや細菌が侵入しやすく急性中耳炎が起こりやすくなってしまうのです。

急性中耳炎の場合はカゼが原因で引き起こされることが多く、耳の痛みや発熱・耳垂れといったような症状があります。
急性中耳炎の治療方法は、抗菌薬などの薬物投与や鼓膜を切開して膿を出したりします。
鼓膜は切開をしても、自然と元の状態の戻るために特に心配はありません。
滲出性中耳炎は、急性中耳炎をきちんと治療しなかった為に起こることもあります。

滲出性中耳炎の症状の特徴は、急性中耳炎のように痛みや発熱が無いことです。
耳が聞こえにくくなったり、耳鳴りが起こることがあります。
滲出性中耳炎は治療にかなりの時間がかかってしまいます。
再発することもあるので、きちんと最後まで治療を行なうようにしましょう。


スポンサードリンク

耳鼻科・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 子供に多い耳鼻疾患

子供に多く見られる耳鼻疾患には、中耳炎・外耳炎・耳垢などが挙げられます。 まず耳垢に関してですが、新生児や乳幼児の場合にはそれほど頻繁に耳の中を掃除する必要はありません。 お風呂上りなどに耳の入り口付近を軽く掃除するだけで十分とされています。 丁寧に耳の中まで掃除をすると、耳垢を奥に押し込めてしまったり外耳を傷つけて出血させてしまうこともあるからです。 耳掃除は耳鼻科でも行っているので、定期的に検診も兼ねて診て頂くとよいでしょう。 外耳炎にかかると湿疹が出来たり、痒みを伴う

耳鼻科・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。